So-net無料ブログ作成

Knoppixのカスタマイズ [ゼミ・教育]

 4月からの三年生のゼミの演習の授業(というか、ゼミの時間以外にセットで取ってもらう授業)は、少なくとも4コマ、多ければ5コマにもなる。これは前にも書いたが、

  1. Unix演習
  2. プログラミング演習
  3. TeX演習
  4. XHTML, CSS, XML, XSLT演習
  5. (C言語、これは希望者のみのハイレベル演習)

である。しかも、このうち上から三つ目までは、単位の出る通常の演習だが、4と5はサブゼミ、サブサブゼミで、単位は出ない。

 これも前に書いたが、授業の概要は昨年のうちに大学に届けてあるが、その後のいろいろな検討の結果、内容にかなりの偏向が出てきている。

 まず、プログラミングは、スクリプト言語のはずが、Javaをやり、それと並行して、wythonとPythonを同時に勉強する。

 それから、全部を通じて、CD-ROM一枚で起動するUnixであるKnoppixを使って演習を行う。昨年度までは、Unix演習以外はWindows上で動くPythonとTeX用のCD-ROMを独自に作って行っていたが、今年度は、全部Knoppix上で演習をしようと思う。

 同時に1、2、3の演習はどれも同時にとってもらうことにする。

 環境としては、特に万能エディタであるEmacsとシェル上で各種のファイルの作成や実行を行う。

 ただ、配布されているままのKnoppixでは、Emacsの環境が十分でないし、HTMLサーバーも起動していないので、これらを使いやすいようにカスタマイズしたバージョンのKnoppixを作成している。これがなかなか大変な作業なのだ。

 Knoppixでは、UnixのOSからソフトウェアー、設定ファイルに至るまで、ほとんどがCD-ROM上に構築されている。ということは、その時々の変更が利かないということだ。唯一、ユーザーのホームディレクトリだけが自由に使えるのである。そこで、色々な使いやすい設定をし、不足しいるソフトをインストールし、それを一度固めてCD-ROMに焼かないといけない。しかも、CD-ROMに焼いてみるとうまく行かないことも多く、試行錯誤をしている。

 さらに上に挙げた全ての作業をEmacs上で行うために、その入力を支援するツールもまたインストールしておかなければならない。これまで使ってこなかったツールもいくつもあり、それらを試し、確認しながらフリーズして作っているので、手間が倍増する。

 また、元々はTeXのシステムが入っていないので、そこからインストールしなければならない。僕のPCは超高速というわけではないので、単純に物理的に時間を取られてしまう。そんなこんなで、なかなかブログの書き込みをする時間がない。いずれにせよ、4月の始めには、このKnoppixカスタマイズ版を完成させなければならない。このブログの更新が遅れ気味なのも、そのせいなのだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。