So-net無料ブログ作成
検索選択

プログラミング言語を放浪する(1) [プログラム]

 僕は、プログラミングをC言語で始めた。Basicではないし、Pascalでもない。が、Pascalは並行してやってはいた。ちょうどTurbo PascalがBorland Pascalに移行するころの話だ。そういえば、CもTurbo Cだし、Borland Cだったから、これまでMicrosoftの開発言語は、その環境も含めて、使ったことがない。

 最初のころ、プログラムはCかPascalで作っていた。が、少し実用的なプログラム、つまり仕事で使うようなプログラムはほとんどCで作った。Pascalの方が文法がきれいだとか、教育用にも適している正統派の言語だとか言われていたが、僕には、簡潔な表現のできるCの方が合っているようだった。

 Macintoshに移ってからは、MetroworksのCodewarriorという開発環境を使っていたが、もともとPascalが主流であったMacOSのプログラミング環境も、このCodewarriorではCないしはC++が主流になっていた。チベット語関係のコンバータやデータベースのプラグインを作っていたときは、Cで書いていた。C++も勉強したことは勉強したが、そのメリットを受けるほど大きなプログラムは作らないので、その割りにはファイルサイズが大きくなるC++のクラスライブラリを使ったプログラムは作らなかった。

 そのころ、Javaが発表されたりして、これも多少勉強はしたが、当時のMacintoshの環境ではまともなものは作れなかったので、これも放棄した。

 その頃にはPerlも使うようになり、特にチベット語の処理やデータベースのデータ処理などでは、使い捨てのスクリプトで様々な処理をした。最初の頃は同じような処理をCのプログラムを作ってやっていたが、さすがにPerlはテキスト処理に向いているので、Cで何度も実験をしながら時間をかけて、不自由なプログラムを作ったものを、Perlのスクリプトならぱ、ものの1、2時間で完成させてしまうことができた。まだ、ラクダ本の翻訳が出る前で、英語で勉強していた頃だった。

 この時期、(文系でプログラムを作っていた)一部の人は、AWKやsedといったスクリプト言語を使っていたが、そして、AWKをいじったりしたこともあったが、結局同じことをはるかに自由に、かつ分かりやすく、しかもC言語に似た形で書けるPerlの方が、はるにか便利であった。その言語に特有の制約を余り気にするひつようがない、というのは重要なことだ。AWKやsedは汎用で使うには制約が多すぎ、またC言語のギャップも大きかったのである。

 CGIでオンライン検索をするプログラムを作るには、何よりもネットワーク上でテキスト処理をするのに適した言語と言えば、Perlが唯一の選択肢のころだった。僕が作ったオンライン検索のCGIは、データベースを用いず、データをテキストファイルとして保存しておいて、それをPerlのスクリプトで検索する、というやり方をとった。そのため、検索のスピードは極めて高速である。

 TeXでチベット文字を使うためのパッケージTibTeXパッケージでは、ローマ字で入力されたチベット語文をTeXのコマンドに変換するスクリプトを提供している。実はチベット語を分析して変換するというコンセプトは、Tibetan Converter と同じだが、その変換の手順は全く異なっていた。Cで書いたときには、一月からいかけてプログラムの試行版を作ったが、Perlでは似たような処理は、数十分で出来てしまった。確かにCで作るよりも、実行スピードは遙かに遅いが、作りやすさはPerlの方が圧倒的に有利である。一回の処理の時間が多少長くなっても、作る時間が圧倒的に短いことは、作る側にとって最重要項目である。

 そのころから、RubyやPythonといった、他のスクリプト言語の知名度が上がってきた。(続く・・・)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。