So-net無料ブログ作成
検索選択

食後の散歩 [雑感]

と言っても、ロマンチックなものではなく、とにかく15分間早足で歩くのがいいそうです。その15分に価値がある、とお医者さんに言われました。確かに30分くらい歩いた後は、明らかに血糖値が下がっている感触があります。自分の体の感触と血糖値測定器の値の相関関係がだいたい掴めて来ているので、自分で下がっているのが分かるようになってきました。

 それともう一つは不眠ですね。寝付きはいいのですが、というか、寝付き良すぎて会議など始まろうものなら、あっという間に寝てしまいます。2時間の新幹線も、最初の20分くらい過ぎたら、就寝体勢に入り、いつの間にやら寝ています。問題は、睡眠が長続きしないのです。

 会議のときや、新幹線ではそれでもいいのですが、夜に寝ても5時間と寝られず、起きてしまいます。夜更かしして、何にせよ5時間で起きないと遅刻してしまうということもあるのですが、それが習慣になってしまって、たとえ休みの日でも長く寝られなくなっていました。そうしていると、朝起きたときが一日で一番疲れている、という、あり得ない、毎日でした。

 そして、そういう朝に血糖値が高騰していたのでした。ネットで不眠と血糖値で検索してみると、案の定、睡眠が足りないとインシュリンの能力が低下するとのこと。さらに調べると、市販の睡眠導入剤(ドリ○ルとか)は、次の日にも残り、習慣性があるので、病院で処方してもらった方がよく、そういう睡眠薬は毎日飲んでも習慣性もなく、次の日にも残らないとのことでした。

 そこで、京都の近くの医院で、途中で起きないような睡眠薬を出してもらいました。まだ2、3日しか試していませんが、確かにほぼ7、8時間起きずに寝られて、朝起きたときには、少し頭がぼんやりはしていますが、朝食後のウォーキングを終えるころには、ほとんど影響は残りません。むしろ、これだけ長く寝られているので、体の方の疲れというか、不快感はかなり軽減していますし、当然のことながら、午後の昼食後に眠くなるようなこともなく、この分では、会議中も居眠りしないですみそうです。

 今日は、昔見たはずなのに、ほとんど筋を忘れてしまったメル・ギブソンの『ペイ・バック』をテレビで見てから、日課のお参りに行ってきました。妻は疲れているので、自転車で伴走です。このお参りの道すがら出会うものについては、また明日書きましょう。

 でも一体、僕の個人的な血糖コントロールの話なんて誰が読むんだろう。もうちょっと普遍的な話に戻したいものです。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

ishid K,

 私も、ここ最近、不眠ぎみです。すぐに目が覚めてしまいます。
最近まで、私は、近くの温水プールで水泳をしていたのですが、
そのときは、よく寝られました。このごろ水泳をサボっていますの
で、少し運動をしたほうがいいのだと思います。
by ishid K, (2005-10-29 01:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。