So-net無料ブログ作成
検索選択

凶に取り付かれた男 [雑感]

今年はまだ初詣をしていないので、おみくじを引いていませんが、僕はこれまで、おみくじでいいものが出たことがほとんどありません。

 特に、年始に七福神巡りをして、ちゃんとお賽銭も供えた上で引いても、「凶」を引くことかが多いのです。確率的にはあり得ないくらい、です。毎年、近場で山の手七福神というのを回るのですが、そのうち、大円寺というお寺(国指定文化財の生身の釈迦如来像が有名。)で引くおみくじは、常に最悪です。

 ある年、「凶」というだけならまだしも、病気について「十に八九は死すべし。」と出てきます。これはないですよね。こんなことを書いたものを、新年の始めに引かされた日には、その一年をどうすればいいんでしょう。

 そのおみくじには「このような不幸なみくじに会う人は、観音か弁天を念じて、その救いに依らなければ、乗り越えることはできない」などと書いてありました。その年は他のところで引いても凶ばかりでした。これはかなわぬということで、僕は日本三大弁天様をお参りする行脚の旅に出ました。三大弁天以外にも、池があるところには弁天様がお祀りされていることが多いので、そういうところを見つけると、必ずお参りしました。

 日本三大弁天というのは、江ノ島の弁天、琵琶湖の竹生島弁天、広島の宮島弁天です。まずは近場の江ノ島から始まり、夏までには三大弁天全部にお参りを果たしました。お陰様で、その年は特に何事もなく、年の瀬を迎えることができました。

 凶を引くことが多いとはいえ、「十に八九は死す」などという、あるまじきご託宣の書いてあるおみくじは滅多にないのですが、昨年秋、青蓮院門跡の熾盛光如が平安以降初めてご開帳になったときに行ってきたのですが、そこで引いたおみくじも「凶」で、しかも「十に八九は死すべし。」とありました。あわてて、お守りを買ったのですが、このおみくじには、どうしたらこの難局を乗り越えられるかが書いてありませんでした。

 それから3ヶ月ほど経っていますが、とりあえず、生きながらえています。お守りのおかげなのか、前回書いたように、健康コンシャスな生活をしているためなのか、はよく分かりません。

 また今年も七福神を回って、大円寺でおみくじを引いてみようと思います。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

yabu@極私的脳戸

あけましておめでとうございます。

釈迦如来のある大円寺というと、とろけ地蔵のある
松林山大圓寺のことでしょうか。

あのあたりの賑わいはほどほどで、初詣の気分を
満喫するのには都合がいいかもしれませんね。
(不信心者ですみません)。

巡回させていただいているところの主さまが
似た行動範囲にいらしたのだというのが驚きでした。
これも何かのご縁ということで新年のごあいさつまで。
by yabu@極私的脳戸 (2006-01-03 09:20) 

yfukuda

yabu@極私的脳戸さん
その通りです。ここのところ、毎年目黒不動から始めて覚林寺までの、山の手七福神巡りをしていました。最後に都ホテルでお茶して帰ってきましたが、家を出るのが遅くて、最後は締まりかけのお寺を駆け足で回っています。
巡回していただいて、ありがとうございます。ここのところ更新が滞っていましたが、できるだけ書いていきますので、今後ともよろしくお願いします。
by yfukuda (2006-01-03 12:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。